学生の為の新生活攻略サイト

新生活の必需品!調理器具を揃えて自炊しよう

料理で新たなチャレンジを

調理器具をそろえて自炊準備

調理器具をそろえて自炊準備せっかく一人暮らしをするならば、今まであまり興味がなかった料理にチャレンジしてみるというのも新生活の醍醐味のひとつかもしれません。しかし、これまでほとんど料理をやったことがないという人にとっては、調理器具をどこまで用意すればいいのかがわからずに、使わないものまで買い過ぎてしまう可能性があります。

Pocket

フライパンの種類

まず使用頻度が高い必需品と言えばやはりフライパンです。フライパンは中華料理などに使用されている鉄製のものや、少量の油でくっつきにくいテフロン加工素材のものなどいくつかの種類があります。鉄製のものは使えば使うほどこびりつきにくくなるので料理好きにはおすすめです。ただ、きちんと手入れをしないと錆ついてしまうので注意しましょう。その点たまにしか料理をしないというライトユーザーにはテフロン系などのフライパンがおすすめです。ただ、1年も使用していると使いにくくなるので、長く使える鉄製に比べると圧倒的に短寿命です。

汁物や揚げ物用の鍋

味噌汁やスープなどの汁物と揚げ物を同時に作るという場合、ひとつの鍋でこなすのは効率が悪いので、2品ぐらい同時に作れるように深めの手鍋を2つ用意しておくと良いでしょう。深めの鍋があると煮物や煮込み料理なども楽しむことができるので冬の寒い時期などに活躍するかもしれません。揚げ物は油の処理が面倒ですが、自宅で揚げたてを食べられる楽しみもあります。1人で揚げ物をする際は、くれぐれも鍋から目を離さないようよく注意することも大切です。油はシンクに流さずに牛乳パックに入れて密封して捨てるか、油処理専用の製品を使ってきちんと処理するようにしましょう。

調理器具は揃え始めたらきりがない

調理器具を販売しているコーナーに行けばわかりますが、調理器具の種類はとても多いので、全て揃えようと思ったら費用も場所も足りません。最初は簡単な料理から始めるようにして、上達するにつれて必要に応じて増やしていくようにすれば不必要な調理器具を買ってしまわずに済みます。食材を切るための包丁、まな板、菜箸、お玉、ボール、鍋と最低この6品ぐらいがあればいろいろな料理をすることができるでしょう。

料理上手は片付け上手

調理器具がたくさんなければ難しい料理ができないわけではなく、料理上手な人は少ない器具でもいろんなことができます。また、料理が上手な人は料理中に使わなくなった器具を洗って片付けながら手際よく手を動かしていきます。ですから、菜箸が1組しかなくてもちょっと洗ってすぐもう一品の方に使えますし、フライパンも熱いうちに洗った方がきれいで早く片付きます。ひとり暮らしなら食器もそれほど多くなくていいので、ご飯と汁物とおかずが乗せられるぐらいのお皿があればさしあたり十分でしょう。一人暮らしの料理なら失敗しても誰も見ていませんから、ケガや事故に気をつけてぜひ楽しんでチャレンジしてみてください。

スタートするならまずはここを押さえよう!