憧れの新生活!

待ちに待った一人暮らし!

待ちに待った一人暮らし!大学生になると実家を出て一人暮らしをするという人も多くなってきます。それまで家族と自宅を共有する生活をしていた人にとって、自分だけの空間を持てるというのはとても魅力的でワクワクすることでしょう。友達を招待してパーティーをしたり、自分1人でゆっくり過ごしたりと一人暮らしの楽しみ方はいろいろとあります。

Pocket

一人暮らしで得られるもの

一人暮らしをするようになると、身の回りの全てのことを自分で管理していかなければなりません。家へ帰る時間や寝る時間が遅く、朝もゆっくり寝ているなど、いつ何をしていても誰かに注意されるようなこともありません。しかし、学生であれば学校の授業やアルバイトなどで時間を守るという責任がありますから、自己管理に対する意識はしっかりと持って生活しなければなりません。そういう意味でも一人暮らしは時間の有効な使い方を考える良いきっかけになることでしょう。1カ月の生活費の管理も自分で行うようになるので、将来自立した生活を送る時にきちんと生計を立てていくための練習にもなります。
また、楽しみのひとつには自分の部屋のインテリアを自由にコーディネートできることがあるかもしれません。自分好みの素敵な空間を作れば毎日部屋に帰るのが楽しみになることでしょう。一人暮らしは気楽で楽しいものかもしれませんが、いつも自分が元気でいるとは限りません。病気の時や忙しい時などになると、何でもやってもらっていた実家のありがたみを感じるということもあるでしょう。

気をつけたいこと

あれほど楽しみにしていた一人暮らしも、始めてみると意外に早い段階で実家が恋しくなるという場合がよくあります。学生生活に加えて食事から家事まで何でも自分で行わなければならない新生活は、それまで何もしなくても実家に帰れば食事があって洗濯もしてもらっていたという人にとってはかなり負担に感じることもあるでしょう。しかし、その生活を根気よく続けていくことで日々の家事にも慣れていきますから、最初は辛いと感じることがあっても何とか気力で乗りきっていきましょう。
もうひとつ一人暮らしで注意したいのは防犯の部分です。今の時代は物騒なことも度々起こっているという現実があるので、戸締りはもちろんのこと、悪質な訪問やストーカーなどにもよく注意を払って、少しでも何か危険を感じたらひとりで抱え込まずにしかるべきところに相談するという意識も持っておきたいものです。また、限りある生活費を無駄に浪費してしまわないようにしっかりと管理していくようにしましょう。初めての一人暮らしだと、光熱費や食費などを含めてどのぐらいで生活できるかの実感があまりないかもしれませんが、何カ月か生活していきながら金銭感覚のバランスを整えて、偏った生活にならないようによく考えてお金を使うようにしましょう。

スタートするならまずはここを押さえよう!