心配なのは自分だけじゃない

積極的に友達作りを

積極的に友達作りを大学生になると、高校時代とは違って一気に大人の空気を醸し出す大学の雰囲気に、最初はどう適応していけばいいか戸惑ってしまう学生も少なくないかもしれません。しかし、新生活が始まる時に期待と不安の両方があるのは普通のことで、一見平気そうに見える他の学生も似たような気持ちかもしれないのです。

Pocket

大学での友達作り

高校まではクラスがあり担任がいるという学校生活が当たり前のことでしたが、大学になると選ぶ授業がそれぞれ違うので、クラス単位で様々な行動を共にするという機会はありません。規模の大きな大学ならば学生の数もかなり多いですから、自分から近づかないとなかなか友達もできにくい可能性があります。もし友達が1人もいなかったとしても卒業までそつなく過ごすことは不可能ではありませんが、せっかく同じ学校にいる仲間なので気の合う友達を見つけたいものです。

授業の選び方

大学では自分で授業を選択して時間割りを作成します。そのため、友達がいたとしても全て同じ授業を受けるとは限りませんし、友達と一緒がいいからといって授業を選択するのはお互いのためになりません。あくまでも授業選択は自分がその大学で学びたいと考えていることを優先すべきであることは明白です。しかし、同じ授業を受けている人の中に友達が1人もいないと、休んだ時やテスト前などに情報交換をすることが難しくなってしまいます。
そこでおすすめなのは授業ごとに友達を見つけるということです。授業に関することでわからないことがあった時などに、勇気を出して声をかけて聞いてみるという方法もあります。そうすることで友達は複数できることになります。大学の場合、情報は自分から確認しに行かないと得ることができませんから、教え合える友人が複数いるのはお互いにとって心強いことでしょう。

友達が増えると人との出会いも増える

友達ができると、そこからさらに友達を紹介し合って一緒に遊ぶなどして共に時間を過ごす機会が増えるかもしれません。そうしていくうちに人脈が大きく広がっていって、後の就職活動などに情報交換をしたり相談し合ったりすることができるようになるでしょう。人との出会いが多ければ多いほど趣味の合う人や気の合う人に出会える確率も高くなるので、ぜひ積極的に行動してみるよう努力してみましょう。少なくとも数ある大学の中から同じ大学に入学したという共通点があるのですから、どこから来たのかということや何を学びたいかなど、共通の話題はたくさんあるはずです。良い友達は一生の財産になりますから、大学時代に仲間を見つけてたくさんの楽しい時間を過ごしていってください。

スタートするならまずはここを押さえよう!